• トップ

歯の詰め物レジンとは

歯科で使われるレジン

歯科のレジンの詰め物

歯科医院で多く使われる治療の中に、削って詰めるというものがあります。虫歯などで歯を削ると自然に戻ることはなく、削ったままにしていると見た目が悪いばかりでなく、噛みにくく、さらに虫歯になりやすいという面があるので、詰める必要があります。そこで、歯科医院では、詰め物をするのですが、場所によって詰める材料に制限が出てきます。レジンというのは、プラスチックの樹脂で、簡単に詰めて固めることができるのでよく使われる材料です。白い色のレジン何種類か用意されていて、患者さんの歯の色に合わせて選択されています。白い色なので、前歯の治療にも適しています。歯科医院では詰め物の第一選択にレジンを採用しているところが多く、削ったその日のうちに詰めることができるというメリットがあります。ただ、プラスチックの樹脂なので、奥歯の噛む力に耐えられないことがあります。詰め物としては、銀歯の方が強度があるということです。歯科医院では、削った部分の大きさや、噛む力に合わせて、レジンや銀歯などの素材の中から最適なものを選んでいます。できるだけ、白い材料で目立たずに治療をするためによく使われるのがレジンですが、場合によっては銀歯になります。

↑PAGE TOP