• トップ /
  • 歯科の詰め物のセラミック

セラミックの詰め物

歯科の詰め物のセラミック

歯科医院で使われる材料

歯科医院では、毎日多くの患者さんの治療を行っています。中でも、虫歯を削って詰めるという治療は、1日の中でも何件もある、良く行われている治療です。保険治療の詰め物は銀歯と決められています。銀歯は削った部分を補い、噛む機能を戻す役割がありますが、見た目がいいとは言えません。そこで、歯科治療ではセラミックの詰め物を使うことで、よりきれいに治しています。セラミックは、透明感のある白さが特徴の材料で、本物の歯のような質感を出すことができます。強度もあるので、噛む力にも耐えることができ、詰め物に向いた素材です。ただ、歯ぎしりや食いしばりの癖がある患者さんが使うと、割れてしまうことがあるので、歯科医院ではセラミックとプラスチックを混ぜたハイブリッドセラミックという素材も用意しています。こちらも、きれいな白い素材ですが、プラスチックが入ることにより、やわらかくなり、歯ぎしりをしても割れにくくなります。歯科医院では、見た目、噛み心地、患者さんの癖など、状態に合わせて詰め物の材料を選びます。こうすることで、患者さんのお口に合った治療をすることができ、仕上がりも自然で長期間きれいな状態を維持することができます。

↑PAGE TOP