• トップ /
  • 虫歯になったら、すぐ歯科に

銀歯について知る

虫歯になったら、すぐ歯科に

歯科で詰め物でなく銀歯になる訳

歯科にはできるだけお世話になりたくないものです。生涯、自分の歯で食べ物を食べたいとは、誰しも願うことでしょう。しかし、虫歯になってしまうと、詰め物をするか、銀歯をつけるかになります。まず、歯科で詰め物をするか、銀歯になるかは、虫歯の進行度合いによります。歯の内部が傷んでいる場合には、詰め物をすることになります。まず虫歯菌、いわゆるミュータンス菌によって、柔らかくなった部分の歯を削ります。削ってみて、詰め物で済ますことができそうか、歯科が判断します。ここで特に重要なのが、歯の側面が無事かどうかです。歯のなかに詰めて処置するわけですから、それを支えるための歯が欠かせません。もし歯に痛みを感じたら、早急に治療すべき理由はここにあります。歯科では、可能な限り歯を残せるように思案してくれるものですが、支えになるべき歯までやられている場合には、銀歯での対応になります。たいてい健康な部分も削り、銀歯をしっかりと固定できるように土台を作ります。歯科では、銀歯のほかに、合金や金歯を薦められることもあります。あるいは、表面を白くコーティングした歯を選べることもあります。もちろん、合金などと比べて、金歯とコーティングした歯は、治療費が高いです。

↑PAGE TOP